1. HOME
  2. お知らせ
  3. 地域の子ども食堂へお米の寄付を始めます

NEWS

お知らせ

地域の子ども食堂へお米の寄付を始めます

「わに塚の桜米」の寄付を始めます

所沢市の子ども食堂を中心に、神山産コシヒカリ「わに塚の桜米」の寄付を行います。

現在、山梨県韮崎市で精米所を営む向山精工様より社会貢献事業の一つとしての委託を受けての活動です。

1袋5キロ、10キロからの配送となります。(必要な個数お送りいたします)

ご希望の方は問い合わせフォームよりご連絡ください。

*数に限りがございます
*お届けするお米は全て米選機をお通していますが、稀に自然に着色した米、虫食い米(虫の発生ではなく発育中に虫がかじった米)草の種、小石などが混入することもあります。

ご理解の程、宜しくお願い致します。

お問い合わせはこち

わに塚の桜米について

「美味しいお米を食べて、桜と田んぼを守ろう!」

山梨県韮崎市にある”わに塚の桜”は丘にそびえたつ推定樹齢約330年のエドヒトガンザクラです。

北に八ヶ岳、南に富士山を望む段丘に立つこの一本桜は過去に郵政省のポスターやテレビドラマのタイトルバックとしても起用されています。

この桜を取り巻くように広がる田んぼは、八ヶ岳から流れ出る名水(甘利山水系の清流及び徳島堰より供給)の恵みを受け秋には黄金食のコシヒカリを実らせます。

わに塚の桜米は耕作放棄地及び休耕田を防止する一助となるために生まれた地域ブランド米です。

先日、ネオパレットの事務所に届いたお米

神山産わに塚の桜米コンセプト

  • わに塚の桜を取り巻く里山及び田園の景観保全
  • 農業従事者の高齢化に伴う休耕田や耕作放棄地の解消
  • 神山産コシヒカリ100% 美味しさのPR
  • 地域活性化の一助
  • 未来への農業の継承

ヒール82 わに塚の桜 プロテクションチーム

向山精工代表 向山光太さんからのメッセージ

向山光太さん(向山精工代表、ヒール82プロジェクトメンバー)

祖父の代から山梨県韮崎市にて精米場をしております、向山光太と申します。

私は小学生の頃に腎臓病(突発性ネフローゼ症候群)になり運動がほとんど出来ず、食事制限がありました。

何とかしたいという思いから色々な食を試し、病気がアレルギーの一種とのことから食べ物に気をつけるようになりました。

このことが無農薬栽培の取り組みの始まりです。

それから耕作放棄地や桜の衰えを気にしてheel82プロジェクト(わに塚の桜を守るプロジェクト)の活動を始め、2010年頃からは韮崎市神山町のわに塚の桜周辺にて米作りを始めました。

その後事故により後遺症が残り働くことが困難になり、更にストレスから免疫疾患を発病。

障害の為に働くことが出来ず苦しい思いをしましたが、そこでたくさんの方々の援助を受け今は社会復帰をしています。

支えてくださった方々のおかげで回復できた事に感謝し、社会貢献の一つとして炊き出しや子供食堂への米の寄付の活動を行っています。

皆さんに是非美味しいお米を食べて笑顔になってほしい、そしてここ山梨県韮崎市にある「わに塚の桜」のことも知っていただけましたら幸いです。

向山精工より精米した新米をお届けします

協力:向山精工(山梨県韮崎市)

お問い合わせはこち

最新記事